pixta_73934172_L_edited.jpg

先端技術リサーチサービス

Covalentでは世界中のあらゆる先端技術を洗い出すことを得意としています。

また、先端技術のスペックや特徴を詳しく分析することも得意としています。

世界中から先端技術を洗い出せる情報網や、テスト利用・実証実験を通じた先端技術の分析力を活かし、

お客様の先端技術の開発や導入に繋げた実績が多数ございます。

 

最短1カ月強でご興味ある先端技術の詳細事例の洗い出しが可能です。

アウトプットイメージ等サービスの詳細を把握されたい場合は以下より詳細資料をご請求ください。

ISSUES

イシュー

・技術導入の長期計画を立てたいが新たな手段を洗い出せているか不安

・既存手段とそもそもの仕組み・方式が異なる新たな手段を把握したいがどう探せばよいかわからない

・競合が利用または研究している先端技術を把握したいが十分な情報が見つからない

・従来の仕組みから大きな変革が期待される技術を把握したいがどう探せばよいかわからない

・膨大な課題や技術テーマがあるが何から手を付ければよいかわからない

・他業界の技術や現在研究開発中の技術も含め、将来自業界で有用となり得る先端技術を知りたい

先端技術を幅広く探す際のお悩み

先端技術を深く理解する際のお悩み

・自社にとって最も正しい技術パートナーを選定したいが選定方法がわからない

・その技術を導入した際、自社なら何ができるか正確に把握したいが参考になりそうな事例が見つからない

・未成熟な技術が成立するまでの課題を正しく把握し、実現までの時間軸を推察したいがどうすればよいかわからない

・既存の環境に適合させようとした際の障壁を正確に把握したいが技術仕様の情報が少なくわからない

・自社の現場課題解決や技術戦略実現に使える技術として、どのような先端技術が登場しているか、その中で何が有望か知りたい

SERVICE MENU

サービスメニュー

先端技術の探索調査

お客様の目的に合致する先端技術を「海外技術系スタートアップ・海外研究機関・お客様同業他社取組事例など」から洗い出します。公開情報調査を基に、お客様の調査テーマに該当する先端技術事例を洗い出し、弊社分析を通じて先端技術の動向・技術別の検討優先度をご提示します。

先端技術の探求調査

特定プレイヤの保有する先端技術につき、公開情報調査やインタビューを基に、技術の仕様・実績に関する詳細情報を取りまとめ、弊社分析を通じてお客様にとっての有望度・導入優先度を評価します。

APPROACH

アプローチ

先端技術の探索調査

1

調査設計

1週間〜

お客様との議論を通じて、ご関心のあるテーマを把握し、調査対象を設定します。調査目的を把握し、優先的に調査すべき項目や分析項目を具体化し、具体的な成果物イメージを明確化します。

2

調査・とりまとめ

1カ月~

公開情報調査を基に先端技術事例を洗い出し、調査事項に沿って各技術の情報を取りまとめます。テーマに関連する先端技術の開発・導入事例を海外の技術系スタートアップや学術研究機関等から洗い出し、中でも技術的ブレイクスルーを達成した開発事例や、実ビジネスへの効果を実証した導入事例を調査します。
中国や、北欧等日本では情報を取得しにくい地域の技術動向や、知名度は低いが有望なアーリーステージのスタートアップも弊社ネットワークを通じて調査可能です。

 

アウトプット:先端技術一覧・先端技術別代表プレイヤ一覧

お客様のお題に対して選択肢となり得る先端技術の一覧をExcelで整理します。

3

分析

2週間~

弊社の分析を通じて、調査結果を俯瞰した際の動向や、技術成熟度の評価をご提示します。分析結果は、お客様における技術別の検討優先度の判断にご利用頂けます。

 

アウトプット:
・先端技術領域別ヒートマップ

調査した技術事例の、技術方式・用途等で分類された領域別の分布を整理します。要素技術や技術方式まで分解の上、技術間の関係や必要環境等を含め分析し、適宜合理的な分類を弊社独自に定義することで、技術の全体像をご提示し、お客様に必要な技術を過不足無く抽出できます。欧米中など地域別の分布や、分布結果の背景にある市場動向についての考察も可能です。

・先端技術の成熟度

技術の成立タイミングに関する一般的予測や、先端技術事例調査結果から、技術別の成熟度を評価します。
検討優先度の判断にご利用頂けます。弊社では一般的な予測分析は参考としつつも技術系スタートアップの集積度や導入・実証実績等、調査を通じて判明した技術の利用実態を基に成熟度を評価します。

先端技術の探求調査

1

調査設計

1週間〜

お客様との議論を通じて、ご関心のあるプレイヤを把握し、調査対象を設定します。調査目的や、技術導入時の関連部門の業務、技術への期待・懸念等を把握し、優先的に調査すべき項目や分析項目を具体化し、具体的な成果物イメージを明確化します。
弊社はお客様の戦略上の力点や、課題、現場業務のQCD効果等を分析の上、お客様の効果創出に繋がる技術の要件を特定し、以降の調査・評価に反映します。

2

調査・とりまとめ

1カ月~

公開情報調査や、関係者へのインタビュー等を基に、調査事項に沿って技術の性能・実績の詳細情報を、企業・研究機関別に取りまとめます。必要に応じて企業・研究機関への訪問、技術のテスト利用を実施し、実物を見る・触れることで初めて分かる技術の詳細や利点・欠点を見極めることができます。

 

アウトプット:先端技術の詳細調査資料

調査結果を、画像・動画等も交えPPT資料化します。お客様の社内説明等にご利用いただけます。

3

分析

2週間~

弊社の分析を通じて、技術の有望度の評価や、技術別の導入優先度の整理を行います。
各技術の導入の時間軸や、インパクトの大小・変化内容、技術間の関係を整理・評価し、お客様が短期/中期/長期で導入すべき技術と目指す効果、取組時間軸と注力度を技術ロードマップに取りまとめます。

 

アウトプット:
・技術の有望度評価

技術の仕様・性能を踏まえ、お客様の要件への対応可否・範囲を分析の上、導入によるお客様へのインパクトの大小を評価します。

 ・技術ロードマップ
各技術の導入の時間軸や、インパクトの大小・変化内容などを事業との関係性含めて整理し、技術別の取組優先順位を明確化します。今後の活動計画に利用可能です。

ADVANTAGE

アドバンテージ

先進的な技術・スタートアップの事例を収集し、お客様の効果創出可能性を提示しても、結局技術導入・スタートアップとの協業に繋がらない場合が多くあります。そこで、弊社は調査設計にあたり、次に進めるために必要なお客様の社内説得・稟議プロセスを確認の上、そのために必要な情報も調査します。
その結果、お客様での先端技術PoC・本格導入検討、およびスタートアップとの提携といった次に繋がるアクションを実現しています。これらの取組の意思決定にあたり、お客様が弊社の調査結果をそのまま経営層に報告し、承認取得に至った事例も多数ございます。 

お客様の次のアクションに繋がる調査となることを最重要視します。

技術文書・関連プレイヤからの一次情報も調査に使用し、技術について詳細・具体的な情報を取得できます。
中国や、北欧等スタートアップエコシステムの成長が著しい欧州諸国等、日本では情報を取得しにくい地域の技術・スタートアップ動向についても詳細調査が可能です。知名度は低いが有望なアーリーステージのスタートアップも、海外VC、アクセラレータ、スタートアップ、他弊社ネットワークを通じて探索可能です。
(調査方法の例:海外スタートアップ・専門研究機関・GAFA+BATといったIT巨人等の動向に関する公開情報調査、ベンチャーDBの探索、海外VC・アクセラレータ・スタートアップ・その他弊社ネットワークを通じたキーパーソンインタビュー、学術論文・ホワイトペーパーその他技術資料の分析、提携調査機関(中国、インド等)を通じた調査)

これまでの経験や独自ネットワークにより構築した有用な情報収集源から調査ができます。

先端技術の探索調査

一つの技術種類の中には、それを構成する様々な要素技術がある他、様々な技術方式にも分かれる場合があり、お客様が何をどこまで検討が必要なのか判断に困ることがあります。また、要素技術・技術方式の一般的な分類がビジネス判断を行う上では適切でなく技術全体像の可視化を妨げる場合もあります。
そこで、弊社は技術調査にあたり、要素技術や技術方式まで分解の上、技術間の依存関係や代替関係、技術方式別の従来技術からの変化・進化点、優位性が成立するメカニズムやそれに伴う限界・制約、成立するために整備が必要な環境といった粒度まで細かく分析します。技術の全体像をご提示し、お客様に必要な技術を過不足無く抽出できます。
全体像の整理にあたっては、技術間の関係性を示すのに合理的な分類を弊社独自に定義することで可視化を実現しつつ、お客様内がご理解・ご説明しやすいよう一般的な分類との対応関係の整理も行います。

求める先端技術を1つの全体像に整理できます。

特定技術のフェーズ・普及までの時間軸については様々な予測分析が有りますが、技術系スタートアップの動向などの実態を反映できていない場合が多くあります。そこで弊社では一般的な予測分析は参考としつつも技術系スタートアップの集積度や導入・実証実績等、調査を通じて判明した技術の利用実態を基に成熟度を評価します。

テーマに対応する技術の成熟度を、実態に近い形で評価できます。

先端技術の探求調査

単に技術スペックが高い技術、導入実績が多い技術、著名な投資家の投資実績を有するスタートアップ等が必ずしもお客様のビジネスで効果を創出するとは限りません。そこで、弊社はお客様の戦略上の力点や、課題、現場業務のQCD効果等を分析の上、お客様の効果創出に繋がる技術・スタートアップの要件を特定し、以降の調査・評価に反映します。

お客様のビジネス・業務実態を踏まえ、先端技術・スタートアップの評価軸を設計できます。

必要に応じて、調査対象企業や研究機関への直接訪問や技術のテスト利用や導入実証なども行い、実物を見る・触れることで初めて分かる技術の詳細や利点・欠点を見極めることができます。

OUTPUT

アウトプット

技術ロードマップ

画像

技術種類別にお客様が導入すべき時間軸・お客様へのインパクトの大小・他技術との関係性、事業との連動、導入によりもたらされる変化を1枚に可視化することで、技術種類別の取組優先順位を明確化できます。

技術詳細説明資料

画像

技術種類別に、技術の概要、現状の開発フェーズ・課題、研究事例等をPPT資料に取りまとめることで、お客様内部での技術説明・技術導入是非の議論にご利用可能です。

技術別代表プレイヤ一覧

画像

技術種類別の有力な海外技術系スタートアップ等の企業概要、主要な研究成果、実証・商用化実績、技術面での強み等をExcelの一覧表に取りまとめ、導入検討時に詳細調査・アプローチすべき相手を明確化できます。

KPI

海外調査の実施割合 約98.3%

クライアント業種数 17業種

複数回契約のクライアント割合 約95.5%

平均調査期間 約3.5か月間

調査対象先端技術テーマ数 約680テーマ

調査対象技術系ベンチャー企業数 約92,600社

業種軸と技術軸での実績マトリクス

CASE STUDY

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

実績

TRACK RECORD

CLIENTS’ VOICE

お客様の声

「DX」という漠然としたテーマを渡され途方に暮れていましたが、グローバルな業界の技術開発・導入の動向を踏まえて技術ロードマップをまとめて頂いたお陰で、直近で取り組まなければならない技術テーマに集中して技術開発の計画策定・協業先の探索ができるようになりました。

我々の現場業務・作っているものが何かを理解いただき、それらにフィットする技術を持つスタートアップを探していただいたおかげで、新技術導入への道筋が拓けました。中には性能数値・現場運用時の必要な対応等、細かい情報もリクエストさせて頂きましたが、スタートアップに直接インタビューして情報取得頂き、社内説得の際も大変助かりました。

MEMBERS

メンバー

小林弘樹

外資系コンサルティングファームを経てCovalent創業。製造業、建設業を中心に多様な業種において、海外スタートアップ・技術動向調査を通じた戦略立案プロジェクトのリードを手掛ける。先端技術系スタートアップへの投資実績や取締役を経験。中国・ASEANでのビジネス経験を有する。

山越敬介

外資系コンサルティングファーム、海外スタートアップ、グローバル大手VC経てCovalent創業。金融・ヘルスケア・教育など多様な業種において、投資・買収に向けたスタートアップとの交渉、およびスタートアップの経営に携わる。中国・欧州・米国でのビジネス経験を有する。

森 恭一

国内コンサルティングファームを経てCovalent参画。製造業を中心に多様な業種において、海外スタートアップ・技術動向調査を通じた戦略立案プロジェクトに携わる。海外スタートアップ・政府・研究機関等とのインタビュー実施経験が豊富。

RELATED SERVICES

関連サービス

海外スタートアップにつき、ビジネス面も含め深堀したい場合にご利用頂けます。

海外スタートアップリサーチ

TECHNOLOGY

CROSS-BORDER

どの分野の先端技術を調査すべきか、技術テーマを設定したい場合にご利用頂けます。

海外市場動向リサーチ

調査した企業との提携・投資を推進されたい場合にご利用頂けます。

M&A/スタートアップ投資提携支援

調査した技術につき、貴社内での導入運用、および技術パートナー選定をされたい場合にご利用頂けます。

技術活用コンサルティング

WHITE PAPER
DOWNLOAD

ホワイトペーパ―ダウンロード

ホワイトペーパーダウンロードはこちらから