pixta_73934172_L_edited.jpg

新規事業・商品開発支援サービス

ISSUES

イシュー

事業アイデアを即座に検証したいが予算取りや自社の名前を使ったテストマーケティングが難しい

事業アイデアを第三者目線でブラッシュアップしてほしい

先端技術を用いたプロダクトのフィージビリティを検証できるパートナーが見つからない

SERVICE MENU

サービスメニュー

業務知見を活かした新製品開発

お客様の新規事業アイデアを基にプロダクトに落とし込みます。
AI・xR・デジタルツイン・Blockchain等、先端技術を用いたプロダクトについても技術に精通したスタッフにより構築可能です。

MVP活用のスピーディな検証

お客様の新規事業・商品アイデアにつき、要検証ポイントを整理の上、検証に必要最小限のプロダクト(MVP:Minimum Viable Product)をクイックに開発し、テストマーケ・PoCを実施します。

APPROACH

アプローチ

プロダクト開発支援

1

要件定義

お客様の新規事業・商品のアイデアを理解し、機能要件・非機能要件に落とし込みます。
新規事業・商品の構想に不明確な部分があったり要件が膨大化している等で要件定義が難しい場合は適宜市場調査・参考事例のベンチマーク等も実施の上、事業展開上最適な要件のご提案や時間軸に応じた実装の優先順位設定の議論も支援可能です。

1カ月から

2

仕様設計・開発・テスト

2カ月から

要件定義に応じてプロダクトの開発を進めます。
アジャイル開発により細かく開発途中のプロダクトをお客様にご覧いただくことで、実際に使ってみた際に感じた要改善点をプロダクトに反映可能です。

3

運用支援

〇カ月から

プロダクトご納品後、サービスインまでの各種作業、サービスイン後の運用やアップデートなどをご支援可能です。

プロダクト検証(MVP)

1

要検証ポイントの整理、MVPの要件定義

1カ月から

お客様の新規事業・商品のアイデアを理解し、市場調査・競合ベンチマーク・技術調査等を実施の上、ビジネス面・技術面でのフィージビリティ検証が必要なポイントを整理します。
検証ポイントの検証上、最低限必要なプロダクト要件を取りまとめます。

2

MVP開発

1カ月から

お客様での開発が難しい場合、弊社でのMVP開発実施も可能です。

3

検証準備

1か月から(MVP開発と並行)

検証ポイントの検証方法設計、検証計画の策定、検証に必要なモニター・検証パートナーの獲得、テストデータの準備などを実施します。

4

検証実施・結果分析

1カ月から

検証を実施の上、プロダクト・事業計画に改善が必要な箇所をご提案させて頂き実行計画を設計します。貴社独力での改善が難しい事項がある場合、開発パートナーの探索もご支援可能です。

ADVANTAGE

アドバンテージ

先端技術に対応可能。単に実装するだけなら他でも対応可能だが、弊社は技術の仕組み・国内外の導入事例の成功・失敗要因を分析の上、その技術の実装・活用におけるポイントを特定して開発を計画・検証を設計でき、結果として必要最小限の期間・人員で先端技術の実装・活用を進められる点が強み。

オフショアのパートナーにより安く、クイックに開発体制構築が構築できます。先端技術・最新の開発手法へも柔軟に対応可能な質の高いエンジニアを、短期間で手配可能です。

プロダクト開発支援

単に作るだけではない、リサーチサービスとも連動して市場ニーズ・競合動向の把握や、類似のプロダクトを展開している海外スタートアップの新規性・成功要因をベンチマークの上、プロダクト設計の改善も提案できる。

アイデアをビジネスとしてブラッシュアップすることもご支援可能。事業開発・プロダクト開発を自社で実施したり、自社投資先スタートアップの事業開発・推進を担っている経験を元に、お客様のアイデアをビジネスとして成立させるための助言・支援が可能。

プロダクト検証(MVP)

スタートアップ立ち上げ・投資の経験があることから、新規プロダクトの検証の勘所を理解しており、検証ポイントを徹底的に絞り込める。一方、大企業の新規事業の事業計画策定等の経験もあることから、スケールアップを見据えた要検証項目の全量、およびその優先順位をご提示できる。

B2B・B2B2Cのプロダクト検証に強い。自社でもB2Bサービスを展開しているため、そこで得たチャネル・ネットワークを活用できる。現場担当者レベルはもちろん、経営レベルの決裁者へもリーチ可能なため、現場・意思決定権限者両方のニーズを見据えた検証・示唆だしが可能。

OUTPUT

アウトプット

具体的には、AIアルゴリズム(教師あり・教師なし両方対応可能)および学習用データセット、AR/VRコンテンツ、デジタルツイン(3Dモデル、センサデータの収集・反映、シミュレーションアルゴリズム)、Blockchain(パブリック型・コンソーシアム型・プライベート型いずれも対応可能)、SBOM(ソフトウェア部品表)および各種活用システムなどを開発可能です。

マニュアル、運用設計書

プロダクト開発支援

プロダクト

(適宜)要件定義書・仕様書・テスト仕様書・テスト結果報告書(アジャイルのためプロダクト開発後作成)

MVP検証計画

MVP検証結果レポート

(適宜)MVP

プロダクト検証(MVP)

KPI

テキストテキストテキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキスト

業種軸と技術軸での実績マトリクス

CASE STUDY

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

実績

TRACK RECORD

CLIENTS’ VOICE

お客様の声

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

小林弘樹

外資系コンサルティングファーム、スタートアップの役員を経て現職。新規事業の事業計画書作成や、XRの要件定義等技術エキスパートとしての経験が豊富。

山越敬介

外資系コンサルティングファーム、スタートアップの共同創業者、VCを経て現職。スタートアップの商品開発・検証、事業推進、アプリUIデザイン等全般を担う。

中村佳貴

大手自動車部品メーカーを経て現職。製造業での新規事業のMVP検証支援や、自社スタートアップ「ぽけん」での事業開発を担う。

MEMBERS

メンバー

RELATED SERVICES

関連サービス

海外スタートアップにつき、ビジネス面も含め深堀したい場合にご利用頂けます。

海外スタートアップリサーチサービス

TECHNOLOGY

CROSS-BORDER

どの分野の先端技術を調査すべきか、技術テーマを設定したい場合にご利用頂けます。

イノベーション動向リサーチサービス

調査した企業との提携・投資を推進されたい場合にご利用頂けます。

海外先端技術スタートアップとのパートナリングに向けたFA/DD/交渉支援

調査した技術につき、貴社内での導入運用、および技術パートナー選定をされたい場合にご利用頂けます。

先端技術導入支援サービス

WHITE PAPER
DOWNLOAD

ホワイトペーパ―ダウンロード

ホワイトペーパーダウンロードはこちらから