_edited.jpg

海外スタートアップリサーチ

Covalentでは世界中のスタートアップを広範に洗い出すことを得意としています。

また、海外スタートアップのKSF(重要成功要因)や特長を正しく見極めることも得意としています。
世界中からスタートアップを洗い出せる情報網や、各社の目指す将来像や競争力の分析ノウハウを活かし、お客様の技術・事業開発や海外スタートアップとの提携を成功させた実績が多数ございます。


アウトプットイメージ等サービスの詳細を把握されたい場合は以下より詳細資料をご請求ください。

ISSUES

イシュー

  • 新規事業検討でビジネスモデルの選択肢を広げるため、関連分野の様々なスタートアップを知りたいが、どう探せばよいかわからない

  • 事業・技術開発を加速するためのパートナー候補となるスタートアップを洗い出したいが、どう探せばよいかわからない

  • 中国のスタートアップや、スタートアップエコシステムの成長著しい北欧はじめ欧州諸国発のスタートアップを知りたいが、情報の少なさ・言語の壁で調査が難しい

海外スタートアップを洗い出す際のお悩み

海外スタートアップを見極める際のお悩み

  • 新規事業検討の参考とすべき事例や、パートナー候補を特定するため、スタートアップを評価・選定したいが、よい方法がわからない

  • 有望スタートアップの成功要因や、ビジネスモデル・技術面の優位性を知りたいが、何を見たらよいかわからない

  • 業界に破壊的イノベーションをもたらしうるスタートアップの脅威度・狙いを知りたいが、何をどう見たら分析できるかわからない

SERVICE MENU

サービスメニュー

海外スタートアップの洗い出し調査

お客様の目的に合致するプロダクト・ソリューションを持つ海外スタートアップを洗い出します。公開情報調査を基に、調査テーマに該当する海外スタートアップを洗い出し、各企業の情報を取りまとめ、弊社分析を通じて有望スタートアップ企業をご提示します。また、スタートアップ動向調査から得られた見解を適宜取りまとめてご提示することも可能です。

海外スタートアップの見極め調査

お客様の目的に合致するプロダクト・ソリューションを持つ海外スタートアップの、技術面・ビジネスモデル面での強みの仕組みを分析します。公開情報調査やインタビュー・直接訪問により収集する情報を基に、有望スタートアップの事業・技術の詳細情報を取りまとめ、弊社分析を通じてKSFを特定します。

APPROACH

アプローチ

海外スタートアップの洗い出し調査

1

1

調査設計

約​2‐3週間

2

調査・取りまとめ

約1.5か月~

(約1000社調査の場合)

3

分析

約1カ月

(約50社に絞り込む場合)

1

調査設計

約2‐3週間

お客様との議論を通じて、ご関心のあるテーマを把握し、調査対象を設定します。調査目的を把握し、優先的に調査すべき項目や分析項目を具体化し、具体的な成果物イメージを明確化します。

2

調査・とりまとめ

約1.5カ月

公開情報調査(インターネット、記事・雑誌、等)を基にスタートアップを洗い出し、調査事項に沿って各社の情報を取りまとめます。中国や、北欧等日本では情報を取得しにくい地域のスタートアップや、知名度は低いが有望なアーリーステージのスタートアップも、弊社ネットワークを通じて探索可能です。


 アウトプット:ロングリスト
 調査されたスタートアップの詳細情報をExcelに取りまとめ、調査結果の一覧化・調査項目別での企業比較が可能です。

3

分析

約1カ月

スタートアップビジネス分析に長けたメンバーによる分析を通じて、調査結果を俯瞰した際の動向や、有望企業の抽出結果をご提示します。


 アウトプット:
・ヒートマップ
調査したスタートアップの事業・技術領域別の分布を整理します。欧米中など地域別の分布や、分布結果の背景にある市場動向についての考察も可能です。
 ・ショートリスト:有望スタートアップ一覧
市場の評価等を軸に各社を評価し、有望スタートアップを抽出します。有望スタートアップの例としては、破壊的イノベーションを実現している企業や市場の評価の高い企業が挙げられます。今後の情報収集の優先度の判断にご利用頂けます。

※支援期間は、調査テーマから洗い出される調査対象企業数や、ご希望のアウトプットに応じて変動します。
例:調査対象1000社につき洗い出し・有望企業の絞り込みまでを実施する場合、合計2カ月~

海外スタートアップの見極め調査

1

調査設計

約​2‐3週間

2

調査・取りまとめ

約2‐3カ月~

3

分析

約1カ月

1

調査設計

約2‐3週間

お客様との議論を通じて、ご関心のあるスタートアップを把握し、調査対象を設定します。調査目的を把握し、優先的に調査すべき項目や分析項目を具体化し、具体的な成果物イメージを明確化します。
お客様の投資・提携や新規事業立ち上げの意思決定プロセスも意識し、次のアクションにつなげるための必要情報も調査項目に反映します。

2

調査・とりまとめ

約2‐3カ月

公開情報調査や、関係者へのインタビュー・海外拠点への現地直接訪問を基に、調査事項に沿って有望スタートアップ各社の情報を取りまとめます。
スタートアップやそのキーパーソンの発信を時系列で丁寧に拾い、必要に応じて対象スタートアップCXOへ直接インタビューの上、弊社のスタートアップビジネス知見と組み合わせて分析することでスタートアップの取組の背後にある「狙い」(中長期的なビジネスモデルと短期的な注力領域)や「仕組み」(裏側の収益源や優位性の源泉)を明らかにできます。
技術についても、技術文書・関連プレイヤからの一次情報も調査に使用し、詳細・具体的な情報を取得できます。

 

アウトプット:スタートアップ企業の詳細調査結果
調査結果を、プロダクト・事例の画像も交えPPT資料化します。お客様社内での企業紹介等にご利用いただけます

3

分析

約1カ月

弊社の分析を通じて、有望スタートアップ企業のKSF(重要成功要因)の特定を行います。
 

アウトプット:KSF分析結果
各社が狙う市場ニーズや、プロダクトとその背後にある技術・ビジネス面の特長から、スタートアップの優位性を特定します。お客様での新規事業検討、スタートアップへの提携・投資判断等にご利用可能です。

ADVANTAGE

アドバンテージ

技術文書・関連プレイヤからの一次情報も調査に使用し、技術について詳細・具体的な情報を取得できます。
中国や、北欧等スタートアップエコシステムの成長が著しい欧州諸国等、日本では情報を取得しにくい地域の技術・スタートアップ動向についても詳細調査が可能です。知名度は低いが有望なアーリーステージのスタートアップも、海外VC、アクセラレータ、スタートアップ、他弊社ネットワークを通じて探索可能です。
(調査方法の例:海外スタートアップ・専門研究機関・GAFA+BATといったIT巨人等の動向に関する公開情報調査、ベンチャーDBの探索、海外VC・アクセラレータ・スタートアップ・その他弊社ネットワークを通じたキーパーソンインタビュー、学術論文・ホワイトペーパーその他技術資料の分析、提携調査機関(中国、インド等)を通じた調査)

これまでの経験や独自ネットワークにより構築した有用な情報収集源から調査ができます。

スタートアップの過去・現在の取組や発信を表層的に見るだけではその背後に隠れているスタートアップが目指す将来像や事業展開、または競争力を獲得する仕組みを理解できず、以降のスタートアップとの協業是非・協業スキームを検討し難しい場合があります。
そこで、弊社ではスタートアップやそのキーパーソンの発信を時系列で丁寧に拾い、必要に応じて対象スタートアップCXOへ直接インタビューの上、弊社のスタートアップビジネス知見と組み合わせて分析し、目指す将来像や事業展開、競争力の仕組みの仮説を取りまとめます。
「狙い」の分析を通じて、中長期的にスタートアップが実現しようとしているビジネスモデルと、そのための短期的な注力領域を特定できます。また、「仕組み」の分析を通じて、表層的なビジネスモデルには表れない、裏側の収益源や技術・オペレーション上の強み、パートナリング活用方法等を特定できます。

海外スタートアップの活動・実績のみならず、背後の「狙い」や「仕組み」も分析可能です。

単に技術スペックが高い技術、導入実績が多い技術、著名な投資家の投資実績を有するスタートアップ等が必ずしもお客様のビジネスで効果を創出するとは限りません。そこで、弊社はお客様の戦略上の力点や、課題、現場業務のQCD効果等を分析の上、お客様の効果創出に繋がる技術・スタートアップの要件を特定し、以降の調査・評価に反映します。

お客様のビジネス・業務実態を踏まえ、先端技術・スタートアップの評価軸を設計できます。

先進的な技術・スタートアップの事例を収集し、お客様の効果創出可能性を提示しても、結局技術導入・スタートアップとの協業に繋がらない場合が多くあります。そこで、弊社は調査設計にあたり、次に進めるために必要なお客様の社内説得・稟議プロセスを確認の上、そのために必要な情報も調査します。その結果、お客様での先端技術PoC・本格導入検討、およびスタートアップとの提携といった次に繋がるアクションを実現しています。

お客様の次のアクションに繋がる調査となることを最重要視します。

OUTPUT

アウトプット

ヒートマップ

調査したスタートアップの事業・技術領域別の分布を整理します。欧米中など地域別の分布や、分布結果の背景にある市場動向についての考察も可能です。

スタートアップ企業の詳細調査結果

調査結果を、プロダクト・事例の画像も交えPPT資料化します。お客様社内での企業紹介等にご利用いただけます。

KSF分析結果

各社が狙う市場ニーズや、プロダクトとその背後にある技術・ビジネス面の特長から、スタートアップの優位性を特定します。お客様での新規事業検討、スタートアップへの提携・投資判断等にご利用可能です。

TRACK RECORD

実績

KPI

クライアント業種数 17業種

調査した海外スタートアップ社数累計 約230,000

海外調査の実施割合 約98.3

複数回契約のクライアント割合 約95.5

平均調査期間 約3.5か月間

調査分析対象ビジネスモデル数 約61,700

CASE STUDY

ロボティクススタートアップ調査

ロボティクススタートアップ調査

建設用ロボティクスおよび関連技術の導入に向けたスタートアップ調査支援

自動車関連Digital Twin技術分析

自動車関連Digital Twin技術分析

国内大手自動車部品メーカー様に対して自動車業界におけるDigital Twin関連の将来の技術動向分析を実施

海外CCUS関連技術分析

海外CCUS関連技術分析

欧米中におけるCCUS関連の技術特性を調査し、各地域における主要な技術マップと各プレイヤの技術成熟度を分析

建設Robotics技術調査

建設Robotics技術調査

現場の自動化を目指す建設企業に対し、自動化に資する技術ラインナップを整理の上、現場導入に繋がるRobotics技術をその関連技術を含めて調査

FA関連CPS技術調査

FA関連CPS技術調査

Edge技術を主とする日本のFAメーカーに対し、欧米中の主要プレイヤーが進めるCPS関連技術を洗い出し全体像を整理

CLIENTS’ VOICE

お客様の声

大手自動車メーカー様

中国のスタートアップ調査は最高品質
日本・北米でニーズに合うスタートアップを見つけられずにいた中、中国のスタートアップが気になっていたのですが、言語の問題や信頼できる情報源が分からず調査がなかなか進まない状況でした。Covalent社に調査を依頼した結果、中国スタートアップの膨大なロングリストの中から魅力的なスタートアップを見つけて頂き、非公開の情報も収集頂き大変参考になりました。また、あまり注目していなかった北欧からも有望企業を紹介頂き、新たな発見となりました。

大手自動車部品メーカー様

スタートアップの分析技術が素晴らしい

我々の現場業務・作っているものが何かを理解いただき、それらにフィットする技術を持つスタートアップを探していただいたおかげで、新技術導入への道筋が拓けました。中には性能数値・現場運用時の必要な対応等、細かい情報もリクエストさせて頂きましたが、スタートアップに直接インタビューして情報取得頂き、社内説得上大変助かりました。

RELATED SERVICES

関連サービス

先端技術リサーチ

お客様の事業成長に繋がる先端技術の探索と探求を行います。お客様ニーズを踏まえて意思決定に必要な情報を整理します。

海外市場動向リサーチ

どの分野の先端技術を調査すべきか、技術テーマを設定したい場合にご利用頂けます。

​投資・買収・提携支援

クロスボーダーや先端技術関連など、弊社が得意とする提携案件や投資案件について、お役様のご要望が実現されるまで継続してご支援させて頂きます。

WHITE PAPER
DOWNLOAD

ホワイトペーパ―ダウンロード

ホワイトペーパーダウンロードはこちらから