_edited.jpg

海外市場動向リサーチ

Covalentでは海外動向のリサーチを通じて、お客様の将来の事業機会やポジショニングを見定めることを得意としています。
海外の最新動向をキャッチできる情報網や、市場構造や変革要因、主要プレイヤの狙いを踏まえて事業機会を特定するノウハウを活かし、お客様の海外事業計画の策定に繋げた実績がございます。
特に弊社が強みとする海外プレイヤ動向調査や先端技術動向調査のアウトプットイメージ等詳細を把握されたい場合は以下より詳細資料をご請求ください。

ISSUES

イシュー

  • 既存事業の海外展開を検討したいが、市場の推移やニーズ、競合の動きがわからず、事業機会を見出せない

  • B2Bビジネスの海外展開を検討しているが、キーパーソンにアクセスできない

  • 機会があれば海外同業他社などと事業機会を模索したいが何からどう進めればよいかわからない

海外プレイヤ動向分析を行う際のお悩み

  • 海外の先端プレイヤがどんな事業機会を見つけてどのような取り組みをしているか把握したいがよくわからない

  • 機会があれば海外スタートアップなどと事業機会を模索したいが何からどう進めればよいかわからない

  • 業界内の先進プレイヤを分析して将来業界がどう動いていくか分析したいがどう進めればよいかわからない

  • 有望企業の成功要因や、ビジネスモデル・技術面の優位性を知りたいが、何を見たらよいかわからない

海外市場への事業展開を検討する際のお悩み

市場の変革内容を把握する際のお悩み

  • 中期計画の具体的な内容を詰めていきたいがそもそもどのような市場変革がありどのような選択肢があるか分からない

  • 既存業界における海外の先進的な変革の内容を知りたいが詳しくわからない

  • 既存業界で新たな事業機会を探すべく外から見た産業変革の機会を整理したいがうまくできない

  • 既存業界における新規事業機会を検討したいがどのような機会がありそうかうまく整理できない

SERVICE MENU

サービスメニュー

海外市場リサーチ

お客様の既存事業の、海外市場における事業機会を探索します。
公開情報調査や適宜現地有識者へのインタビューを通じて動向を洗い出し、弊社分析を通じて注力領域や発展ステップ、現地プレイヤとのパートナリング戦略をご提示します。

イノベーション動向調査

お客様の業界や関心あるテーマにつき、公開情報調査を通じて業界における特に海外の先進的な取り組みや先端技術を洗い出し、短期・中期・長期、あらゆる時間軸での変革機会をとりまとめます。弊社分析を通じて変革が発生する可能性やお客様にとっての魅力度をご提示します。

海外プレイヤ動向調査

お客様の業界や関心あるテーマにつき、公開情報調査や適宜インタビューを通じて各プレイヤの特長と市場におけるポジショニングを洗い出し、弊社分析を通じて事業機会や競争環境を分析します。

APPROACH

アプローチ

海外市場リサーチ

1

1

調査設計

約​1週間~

2

海外市場動向調査を通じた事業機会の仮説設定

約1カ月間~

3

事業機会の仮説検証

約1カ月間~

4

アクションプランの策定

約2週間~

1

調査設計

約1週間~

お客様との議論を通じて、ご関心のあるテーマを把握し、調査対象を設定します。調査目的を把握し、優先的に調査すべき項目や分析項目を具体化し、具体的な成果物イメージを明確化します。


アウトプット:調査計画(無償)

2

海外市場動向調査を通じた事業機会の仮説設定

約1カ月間~

市場規模やシェア・市場構造、規制・政策面のトレンド、技術的ブレイクスルー、各領域での有力プレイヤやスタートアップ等新興プレイヤの事例を調査します。原則、対象市場の言語で現地人材によって調査します。調査結果とお客様の既存経営資源を踏まえ、事業機会の初期仮説を設定します。


アウトプット:事業機会の仮説
PEST分析や市場動向分析、特に海外スタートアップや特徴的な動きを見せる先進プレイヤの動向分析を通じて導出された事業機会を取りまとめます。

3

事業機会の仮説検証

約1カ月間~

事業機会の仮説について現地の有識者インタビューや顧客インタビューなどを通じて何が成立し得るかについて検証します。具体的にはB2Bビジネスにおける顧客企業の意思決定者や、現地の有力競合の関係者等のキーパーソンへのインタビューを通じて、市場ニーズや競合の強み弱みを把握し、事業機会を検証します。


アウトプット:事業機会仮説の検証結果
重要人物へのインタビューを中心に仮説を検証し、どの事業機会が成立し得るかについて検証した結果を取りまとめます。

4

アクションプランの策定

約2週間~

特定した事業機会を軸に海外市場へ展開するためのアクションやその時間軸を整理します。実際に展開する際に協力者の獲得が必要な場合が多く、どのような協力者をどの時間軸で集めに行くかについても取りまとめます。


アウトプット:アクションプラン
海外市場展開に関するアクション内容と実施スケジュールを取りまとめます。

イノベーション動向調査

1

1

調査設計

約​1週間~

2

調査・とりまとめ

約1か月~

3

イノベーション要素分析

約2週間~

1

調査設計

約1週間~

お客様との議論を通じて、ご関心のあるテーマを把握し、調査対象を設定します。調査目的を把握し、優先的に調査すべき項目や分析項目を具体化し、具体的な成果物イメージを明確化します。


アウトプット:調査計画(無償)

2

調査・とりまとめ

約1カ月~

公開情報調査(インターネット、記事・雑誌、等)を基に先端技術やそれに伴うイノベーティブな要素を洗い出し、様々な観点で取りまとめます。


アウトプット:イノベーションマップ(変革機会一覧)
調査された先端技術やそれが起こすイノベーティブなポイントを整理。既存業界やテーマに対して何が新たな変革になるか、従来との比較による競合関係や関連技術の依存関係等、全体像を整理します。まとめ方は、技術領域・地域別・系譜といった様々な形式があります。

3

イノベーション要素分析

約2週間~

新規ビジネス分析に長けたメンバーによる分析を通じて、変革機会マップの中でどういった技術進化の条件で変革が進むかその可能性はどの程度かについて分析します。また、各変革機会の魅力度を分析します。


アウトプット:
・変革機会の可能性分析
 変革機会の背景にある技術進化の可能性を分析し、どの程度変革が起こり得るかについて評価します。
・変革機会の魅力度評価
 変革機会によって発生する市場の規模感、既存市場からの移行可能性や市場の魅力度を評価します。

1

海外プレイヤ動向調査

1

調査設計

約​1週間~

2

調査・とりまとめ

約1か月~

3

分析

約2週間~

1

調査設計

約1週間~

お客様との議論を通じて、ご関心のあるテーマを把握し、調査対象を設定します。調査目的を把握し、優先的に調査すべき項目や分析項目を具体化し、具体的な成果物イメージを明確化します。


アウトプット:調査計画(無償)

2

調査・とりまとめ

​約1カ月~

公開情報調査や、関係者へのインタビュー・海外拠点への現地直接訪問を基に、調査事項に沿って有望プレイヤの特長とポジショニングを把握します。


アウトプット:プレイヤマップ(≒カオスマップ)
有望プレイヤの特長と市場におけるポジショニング、戦略について取りまとめます。一覧にまとめる際は、いわゆるカオスマップや、地域別・系譜といった様々な形式を適宜活用します。

3

分析

約2週間~

ベンチマーク分析に長けたメンバーによる分析を通じて、主要プレイヤの競争関係を精緻に把握します。競争環境を踏まえて事業機会・市場性を分析します。


アウトプット:
・競争環境分析
主要プレイヤの競争関係を精緻に把握し、競合関係、依存関係を正確に表します。
・事業機会分析
競争環境分析を踏まえ事業機会と市場性を分析します。

ADVANTAGE

アドバンテージ

スタートアップ立ち上げ・投資の経験があることから、新規市場における事業機会特定の勘所を理解しており、調査項目を徹底的に絞り込めます。

一方、大企業の新規事業の事業計画策定等の経験もあることから、お客様の意思決定プロセスを見据えた要検証項目の全量、およびその優先順位をご提示できます。

スタートアップ立ち上げ・投資の経験があることから、新規市場における事業機会特定の勘所を理解しており、調査項目を徹底的に絞り込めます。

自社でもB2Bサービスを展開しているため、そこで得たチャネル・ネットワークや、キーパーソンの特定・アプローチのノウハウを活用し、プレイヤの戦略や取組について深堀が可能です。

B2B・B2B2Cの事業機会検証に強みがございます。

新規事業における事業機会特定の際は、3C(市場・競合・自社)のフレームワークで検討が行われることが一般的ですが、弊社は業界における技術進化や破壊的なイノベーションを狙っているスタートアップの動向も調査することで、中長期的に起こり得る市場の変化を見越してお客様が狙うべきポジショニングを見定められます。

技術動向・スタートアップをはじめとした新興プレイヤの動向も加味した調査が可能です。

一つの技術種類の中には、それを構成する様々な要素技術がある他、様々な技術方式にも分かれる場合があり、お客様が何をどこまで検討が必要なのか判断に困ることがあります。また、要素技術・技術方式の一般的な分類がビジネス判断を行う上では適切でなく技術全体像の可視化を妨げる場合もあります。
そこで、弊社は技術調査にあたり、要素技術や技術方式まで分解の上、技術間の依存関係や代替関係、技術方式別の従来技術からの変化・進化点、優位性が成立するメカニズムやそれに伴う限界・制約、成立するために整備が必要な環境といった粒度まで分析します。技術の全体像をご提示し、お客様に必要な技術を過不足無く抽出できます。
全体像の整理にあたっては、技術間の関係性を示すのに合理的な分類を弊社独自に定義することで可視化を実現しつつ、お客様内がご理解・ご説明しやすいよう一般的な分類との対応関係の整理も行います。

イノベーションの源泉となる先端技術を1つの全体像に整理できます。

特定技術のフェーズ・普及までの時間軸については様々な予測分析が有りますが、技術系スタートアップの動向などの実態を反映できていない場合が多くあります。そこで弊社では一般的な予測分析は参考としつつも技術系スタートアップの集積度や導入・実証実績等、調査を通じて判明した技術の利用実態を基に成熟度を評価します。

変革機会の可能性を評価するうえで重要となる、技術の成熟度を実態に近い形で評価できます。

プレイヤの過去・現在の取組や発信を表層的に見るだけでは、その背後に隠れている将来像や狙うポジショニング、または競争力を獲得する仕組みを理解できない場合があります。
そこで、弊社では各プレイヤやそのキーパーソンの発信を時系列で丁寧に拾い、必要に応じてキーパーソンへ直接インタビューの上、弊社のビジネス知見と組み合わせて分析し、目指す将来像や事業展開、競争力の仕組みの仮説を取りまとめます。
「狙い」の分析を通じて、中長期的に各プレイヤが実現しようとしているビジネスモデルやポジショニング、そのための短期的な注力領域を特定できます。また、「仕組み」の分析を通じて、表層的なビジネスモデルには表れない、裏側の収益源や技術・オペレーション上の強み、パートナリング活用方法等を特定できます。

海外プレイヤの活動・実績のみならず、背後の「狙い」や「仕組み」も分析可能です。

お客様のビジネス・業務実態を踏まえ、事業機会を特定できます。

単に市場規模が大きい・多くのプレイヤが狙っている領域が必ずしもお客様に最適な事業機会とは限りません。そこで、弊社はお客様の戦略上の力点や保有リソース、ビジネス・技術上の強み等を分析の上、お客様が実行可能かつ競争優位に繋げられる事業機会を特定します。

お客様の次のアクションに繋がる調査となることを最重要視します。

市場を網羅的に調査し事業機会を提示しても、結局具体的な取組に繋がらない場合が多くあります。そこで、弊社は調査設計にあたり、次に進めるために必要なお客様の社内説得・稟議プロセスを確認の上、そのために必要な情報も調査します。
例えば、市場規模のポテンシャルや収益性、顧客ニーズや競合の参入可能性有無、お客様の既存取組との連動性等、稟議プロセスで論点となりがちなポイントを調査に反映します。
その結果、お客様での新事業領域への参入やスタートアップとの提携といったアクションを実現しています。これらの取組の意思決定にあたり、お客様が弊社の調査結果をそのまま経営層に報告し、承認取得に至った事例も多数ございます。 

これまでの経験や独自ネットワークにより構築した有用な情報収集源から調査ができます。

技術文書・関連プレイヤからの一次情報も調査に使用し、技術について詳細・具体的な情報を取得できます。
中国や、北欧等スタートアップエコシステムの成長が著しい欧州諸国等、日本では情報を取得しにくい地域の技術・スタートアップ動向についても詳細調査が可能です。知名度は低いが有望なアーリーステージのスタートアップも、海外VC、アクセラレータ、スタートアップ、他弊社ネットワークを通じて探索可能です。
(調査方法の例:海外スタートアップ・専門研究機関・GAFA+BATといったIT巨人等の動向に関する公開情報調査、ベンチャーDBの探索、海外VC・アクセラレータ・スタートアップ・その他弊社ネットワークを通じたキーパーソンインタビュー、学術論文・ホワイトペーパーその他技術資料の分析、提携調査機関(中国、インド等)を通じた調査)

海外競争環境分析

特定の海外市場の主要競合プレイヤとその競争力を分析します。
競争力を分析する際は現地顧客へのインタビューや競合プレイヤの製品・サービスを実際に利用し、競争力を生み出す源泉やその背景にある仕掛けについても分析します。また、競争環境の中で各社が不得手とする領域や後れを取っているテーマについても取りまとめ、参入する際の参考情報として適宜整理致します。

OUTPUT

アウトプット

海外事業機会分析

お客様が注目する海外市場の変動や顧客候補のニーズ、既存サービスの成熟度などから事業機会を分析します。
市場ポテンシャル、成長性、競争環境の成熟度、主要プレイヤの競争力などを一通り分析し、想定される収益シミュレーションをします。また、事業機会に繋がるような規制・政策面のトレンド、技術的ブレイクスルーも調査します。
現地主要人物へのインタビューを通じて調査結果の確からしさも検証致します。

海外参入時のベストプラクティス調査

海外参入において先行者が成功した方法や、市場環境を見据えて成功の可能性が高い参入方法を調査します。具体的には先行プレイヤを調査することで有利に参入できる市場ポジションを特定することや、関連法規や経済政策を踏まえて優位な位置づけを創り得る機会がないかなどを調査します。
参入対象市場の現地人材によって調査を進めるため具体的かつ臨場感のある情報収集が可能となります。

TRACK RECORD

実績

KPI

調査・分析対象ビジネスモデル数 約61,700

調査対象先端技術テーマ数 約680テーマ

調査実績のある国の数 約70か国

海外調査の実施割合 約98.3

クライアント業種数 17業種

複数回契約のクライアント割合 約95.5

平均調査期間 約2.5か月間

現地調査の実施割合 約92.5

CASE STUDY

競合自動車メーカーの競争力調査

競合自動車メーカーの競争力調査

競合企業のモノづくりに関する強み・弱みとその実現要因を分析

新規市場参入に向けたアフターマーケット市場調査

新規市場参入に向けたアフターマーケット市場調査

自動車部品メーカーの主要製品における製品・価格・商流・販促活動の強み・弱みとその実現要因を分析

新規市場参入に向けたディーラー事業の競争環境調査

新規市場参入に向けたディーラー事業の競争環境調査

機械部品メーカーの主要ディーラーにおける取り扱い製品・商流・販促活動の強み・弱みとその実現要因を分析

新規市場参入に向けたCCUS関連企業・ビジネスの調査

新規市場参入に向けたCCUS関連企業・ビジネスの調査

化学品メーカーのCCUS関連企業のKFS分析を通じた提携・協業候補先(推奨案を選定)を洗い出し

新規市場参入に向けた市場規模調査

新規市場参入に向けた市場規模調査

FAメーカーの新規市場参入に向けた顧客ニーズ、市場トレンド、既存競合製品の強み・弱みを分析

CLIENTS’ VOICE

お客様の声

大手化学品メーカー様

海外市場を知ることで視野が広がった

国内の技術を海外に展開したいと考えてASEANの市場調査を依頼したのですが北米に参入した方がよいのではないかと逆提案をもらいました。最初は半信半疑だったのですが、ASEANに芽がないと確信を持っていたことが背景にあっての逆提案と理解できたため受け入れました。

​結果、逆提案の通り、有望な市場ということが可視化できてマネジメントも納得のアウトプットに仕上がったため非常に感謝です。

自動車部品サプライヤ様

この細かさの情報が得られることには驚いた

初めての付き合いになるためとりあえず要望を全て投げてみたが想像以上に粘り強く情報収集を進めて頂ける姿勢は心強いと感じました。彼らのノウハウのため細部までは教えて頂けなかったものの、実は同時並行で依頼していた欧州の調査会社とも一致する調査結果が多く、かつその理由も含めて調べて頂けたことには驚いた。
以降、類似のケースの際には何度も依頼させて頂いております。

RELATED SERVICES

関連サービス

先端技術リサーチ

お客様の事業成長に繋がる先端技術の探索と探求を行います。お客様ニーズを踏まえて意思決定に必要な情報を整理します。

海外スタートアップリサーチ

お客様の事業成長の参考となる海外スタートアップの戦略、技術、ビジネスモデルに関する強みの仕組みを分析し、今後のアクションを整理します。

​先端技術導入支援

お客様の事業のニーズを満たす先端技術を選定し、MVP開発や現場導入を確実に実現するまでフォローします。

WHITE PAPER
DOWNLOAD

ホワイトペーパ―ダウンロード

ホワイトペーパーダウンロードはこちらから